スポンサーサイト

  • -
  • about ecopoint

一定期間更新がないため広告を表示しています

http://www.aiolir.com/

エコポイントの付与ポイント

エコポイントは製品ごとに付与されるポイント数が違います。

制度スタート前における政府の発表では、家電はエアコン、
冷蔵庫、地デジ対応テレビが対象となり、製品の大きさや
容量などを基準にポイントを段階的に設定しているとのことです。

エアコンは3段階、冷蔵庫は4段階、テレビは5段階に分け、
ポイントはそれぞれの販売価格も考慮されてエアコンと
冷蔵庫は価格の5%程度、テレビは10%程度が
ポイント数になり、点数は統一されるとの見通しが立てられています。

点数が統一されているのには理由があります。
家電などは店によって販売価格の差が激しく、販売価格に
応じてエコポイントの数が変わる仕組みだと高く買った場合と
安く買った場合ではポイント数にも違いが生じます。
そうならないように統一し、不公平感が生まれてしまわないように考えられています。

因みに、エコポイント一例を挙げますと、テレビの場合、
46型で最大36,000ポイントになるとの試算です。

また、買い替えてリサイクルを行なった際は、
より省エネ効率の良い製品に換えて環境保全に
努めたとして3,000ポイントが追加されるようです。

エコポイントは1点に付き1円に変換されますから、
エコポイント数の高いものを購入すれば、その分他のお買い物が
お得になりますが、価格が高いものはその分だけ大型の製品であることが
ほとんどなので消費電力も大きく、電気料金も高くなります。

ポイント数に踊らされず、購入はよく吟味してから決めましょう。
http://www.aiolir.com/

エコポイントと家電の買い替え

エコポイントの開始を受け、省エネ家電への
買い替えを推進する動きが活発になっています。

エコポイントは温暖化防止対策を踏まえ、
購入欲を刺激して経済対策にも役立つとされる制度で、
省エネ家電の普及に大いに役立つといわれています。

制度開始には、09年度補正予算の成立が前提ではありますが、
制度が始まるまで家電の買い控えが起こっており、
予算成立がずれ込んでもエコポイントは適用されるとの見通しが立っています。

家電の買い替え時期としてはまたとないチャンスです。
家電は、製造されたと年によって消費電力に大きな違いが生じます。

例えば2000年製造のブラウン管テレビと最新機種の液晶テレビを
比較すると、同じサイズでも年間消費電力は年4,400円も違うとされます。

技術革新により年々省エネ効果が高い製品が登場しています。
冷蔵庫なども同様で、4〜5人家族向きの大容量タイプの
冷蔵庫であっても年間電気料金が1万円を切り、省エネ基準達成率は
150%を超えるようなものが多くなってきました。

省エネに注目すれば、製造年数が古く、
電気料も掛かる製品から買い替えするのも一案です。

さらに、エコポイントが付けば、他の家電や地域でのお買い物にも助かるでしょう。
制度開始は、家庭での電気使用料について考えるきっかけとなりそうです。
エコポイントを通じて家計の負担を軽減できるかもしれません。

買い替えを計画していない方も、この機会に電気料金を
比較して、新しい家電の購入を検討してみてのもよいでしょう。
http://www.aiolir.com/

エコポイントとテレビ

エコポイントが始まることで買い替え希望者が急増しているのがテレビです。

テレビは地デジ化も控えていることからも、
エコポイント制度開始を待って購入するといった方も多く、
家電量販店ではテレビを買う方が通常よりも格段に増えているようです。

エコポイントが付くテレビとは、地上デジタル放送対応テレビに
限られており、サイズによってポイント数が違います。

最もたくさんエコポイントが付くのは46型以上の場合で、
36,000点付与されます。次いで、42〜40型は23,000点、
37型は17,000点、32〜26型は12,000点、
26型以下のケースでは7,000点がポイント数になり、
画面サイズが大きくなるほどエコポイントも大きくなるのが特徴です。
なお、エコポイントは買い替えでリサイクルすると3,000点貯まります。

テレビを買う時にはサイズはもちろんですが、消費電量にも注意して選びましょう。
テレビには液晶テレビやプラズマテレビ、ブラウン管テレビに分かれ、
1日5時間使用するとしての1年間の消費電力は、同じワイドサイズの
37型なら液晶テレビは7,300円、プラズマなら11,000円です。
36型ワイドのブラウン管テレビではおよそ8,400円になります。

これらの金額はおおよその目安であり使用状況に
よっても変わりますが、複数年使うことで電気料金に
大きな差が生じますので、光熱費のことも考えながら選びましょう。

エコポイントによって家電量販店ではテレビをセールの目玉に
しようとする店が増えました。選択肢が豊富にありますから、
じっくり吟味しながらテレビ選びをしませんか。
http://www.aiolir.com/

エコポイントとテレビ選び

エコポイント制度によってテレビの買い替えを
考えているなら、納得できるものを選びたいものです。

テレビは地上デジタル放送対応が対象となっていて、
エコポイントが始まる前は地デジ化を控えてどうせ買い換えるならと、
制度開始までは買い控えようとする方がたくさんいました。

テレビは高額商品でもありますから、エコポイントの
ポイント数だけに惹かれて買っていては、とても多額の買い替え費用が
掛かってしまいますので、経済性にも注意して選びたいものです。

今のところ一番お得な買い方は、サイズの大きく、
省エネ評価の高い旧モデルが一番といわれているようです。

旧モデルはお手頃価格になっていることが多く、
その中で大型の電力消費の少ないタイプならお安く買えて、
エコポイントもたくさん貯まるということから、
そのような条件にマッチしたテレビの人気も高くなっています。

ただし、高品質な映像が楽しめる最新のモデルを選びたい方もいるようです。
最新機種はお値段もそれ相応な金額となっていますが、やはりなんといっても
キレイで目に優しい画質など納得の機能には素晴らしいものがあります。

エコポイントで大きな話題を集めるテレビは、評価なども
チェックして、自分の納得できるものを選ぶようにしましょう。

今は買い控え期間が過ぎて、多くの家電量販店でセールが加熱しています。
メーカーカタログなどを参考にしたり、店のスタッフのアドバイスを聞いてから機種を選ぶと失敗もないようです。
http://www.aiolir.com/

エコポイントとエアコン

エコポイント対象家電のエアコンは、グリーン家電とも呼ばれ、
環境への負担が少ない機種が続々と発売されています。

エコポイントでのポイント数は冷房能力で決められています。
冷房能力が3.6kwでは最大の9,000点、2.8〜2.5kwは7,000点、
2.2kwでは6,000点となり、買い替えによってリサイクルした際には、
エコポイントが3.000点をさらに付与されるとなっています。

実はエアコンは家庭使用電気のおよそ25%を占めるとされ、
省エネタイプを選ぶのは購入の大きな条件となっているようです。

消費者も、エアコンを買う際には省エネ機能が高いものにするとの意見が
多く聞かれており、製造企業間の競争も激しくなっているようです。

しかし、最近はその技術革新だけではなく、コンパクトタイプであるだとか、
体に優しい冷房効果があらわれるなどの、省エネだけではない他の機能にも
注目が集まっています。例えば自動清掃機能や、人感センサー付きの
機種がそれに該当し、とても人気があります。

エコポイントのスタートは、おりしもエアコンが最も売れる時期に当たります。
盛んにセールが行われていますから、買い替えを考えている方が購入するにピッタリな時です。

今は、電気料金が表示されるなど、省エネへの意識を高めるような
機能がついたものもあって、ついエアコンを使いすぎてしまう
家庭には是非おすすめしたくなるような機種もたくさん登場しています。

自宅の最適なエアコンを探してエコポイントを貯め、お得感ある買い物をしませんか。
http://www.aiolir.com/

エコポイントとエアコン選び

エコポイント対象製品のひとつであるエアコンですが、
制度スタートの5月15日は夏を前にしてエアコンの売上が伸びる時期です。
ボーナス商戦も加わり、エコポイント特需にわく家電です。

最近のエアコンの特徴は、様々な機能がついていることでしょう。
省エネ効率の高いことは当然で、今は美肌効果があることを謳った機種も人気があります。

よりエコポイントが貯めやすい機種にはどのようなものがあるのかというと、省エネ評価が
5つクラスで省エネ効率が良く、どんな部屋にも置けるコンパクトタイプのようです。

省エネタイプは環境にも優しいのですが、光熱費が抑えられるのが
好評で、さらに+αの機能がエアコン選びでは注目されています。

口コミで女性の方から評価が高いのが、美肌機能付きのエアコンです。
湿度をコントロールして肌に最適な湿度をキープし、吹き出す風も人に直接当たらないよう
気流を調整していて、夏は乾燥を防ぎ、冬は加湿して肌の潤いを守ってくれるのです。

エコポイントでは、環境保全に繋がる行動をするように呼びかけていますが、エアコンが
常にベストな状態で使用できるのも余計な電力を使わずにCO2排出を削減できます。

自動清掃機能付きのエアコンは、本体内分の汚れを
自動的にクリーンにしてくれ、エネルギー効率を保ちます。

たくさんの便利な機能がついたエアコンを選ぶのは、よく検討することが必要です。
省エネに役立つものを選べば、エコポイントも賢く着実に貯められるでしょう。
http://www.aiolir.com/

エコポイントと冷蔵庫

エコポイントの対象となる冷蔵庫。
ポイント数は、容量によって異なっており、501リットル以上で10,000点、
401〜500リットルは9,000点、251〜400リットルなら6,000点、
250リットル以下の場合だとエコポイントは3,000点とされています。
さらに、冷蔵庫の買い替えをしてリサイクルを行う際には、5,000点がプラスになります。

エコポイントを賢く貯めるなら容量の大きいものを選ぶのが良いのですが、
冷蔵庫は家族の人数や食習慣に応じて適切なサイズを選ぶのがお勧めです。
ポイント数につられて、大きすぎるサイズを購入してしまうと、
その分だけ消費電力が掛かりますから注意しましょう。

それから、CO2排出量を減らす意味では、省エネ評価の高いものが
環境にも優しくなります。エコポイントは冷蔵庫の場合、4つ星以上が
対象とされていましたが、4つ星と同等の評価が得られるものに関しては、
例え3つ星でもエコポイントが付くように改正されました。

しかし、3つ星クラスの冷蔵庫は、機能や消費電力の低さなどに少々物足りなさを
感じる機種も目立ちますので、長く使いたい、高機能な冷蔵庫を探しているのなら、
豊富な機能と省エネに優れた最新機種が向いているでしょう。

冷蔵庫を選ぶ際には、使い勝手などのユーザーの声も大切なポイントになります。
口コミも参考にして、納得できるものを選びたいものです。

エコポイントによって、高額な冷蔵庫も割引されるといった
買いやすい状況になっています。買い替えを希望するなら、
様々な点から比較検討し、お気に入りの冷蔵庫を探してみてはいかがでしょうか。
http://www.aiolir.com/

エコポイントと車

エコポイントの開始で、にわかに活性化している業界があります。
家電業界はいわずもながですが、同じくCO2排出量の多い自動車も、エコポイントが
始まったことによる影響を受け、エコカーへの買い替えが進んでいるとされます。

自動車は大量のCO2を排出し、地球温暖化の大きな原因の一つです。近年、
排気ガスの少ないタイプが登場していて、クリーンなハイブリッド車も話題となりました。

大気への負担が少ないエコカーが人気を呼んでいるのには、
補助金が支給される点にあります。
エコカーへの補助金支給が4月10日の登録分から始まっています。
エコポイントは今のところ貯まらないとされていますが、
最大25万円の補助金が出るのは見逃せません。

ただし条件があって、登録後13年を経過した車を廃車にし、
エコロジーに配慮された自動車へ乗り換える場合に支給されることとなっています。

今の日本は不況下にあって、新車販売台数も伸び悩んでいるようですが、
エコポイントが始まることで消費者が温暖化防止に取り組みながら買い替えが
進むのは、自動車業界にとっても歓迎すべきことでしょう。このような補助金は
既にドイツで行われており、新車販売台数が順調に伸びているようです。

さらに注目なのは、自動車取得税や自動車重量税の減免が行われていることです。
これで一層エコカーへの買い替えが促進すると予測されます。エコポイント制度開始を
機に、環境に優しい車の人気に拍車がかかるのではないでしょうか。
http://www.aiolir.com/

エコポイントと宅配

エコポイントの実験として、宅配を利用した時にもポイントが貯まるという
モニター事業が行われたことがあります。実験対象地域は東京都の北区と
大田区の一部で、佐川急便や福山通運など、複数の宅配業者が参加しました。

貯まったエコポイントは商品や植林への寄付等に交換でき、
物流での環境負荷を低減するような取り組みを推進させるのを目的としています。

一見、エコポイントと宅配の間には関係性も薄く、なぜポイントが付くのだろうかと
考える方も多いでしょうが、宅配には当然ながら配達に掛かるコストや手間が必要です。

しかも、宅配業者が留守の時に来れば再配達となってしまい、コストが倍かかってしまいます。
エコポイントでは無駄な配達を減らし、1回の宅配で荷物が受け取ることが出来れば
CO2排出量削減に繋がるとして、ポイントが付与されることになっています。

実験によると、宅配では実に6割以上が再配達になっているという
データがあるようです。配達がスムーズに行わるとそれだけ配達車の
ガソリンも消費せずに済み、大気中に排出される排気ガスが抑えられます。

さらに、時間短縮にもなって、遅配などのトラブルも少なくなるのではないでしょうか。
そこで大切なのが一度の配達で確実に届けてもらえるように、利用者も気を配るということです。

配達時間の指定が出来るなら、時間指定しておいてその時間には
必ず在宅するか、配達先を勤務先などにして受け取るといった方法もあります。

これは、エコポイントの為ではなく、自分にとっても荷物をきちんと受け取るには
安心できる取り組みになりますから、制度とは関係なくとも自発的に行いたいものです。
http://www.aiolir.com/

エコポイントと家作り

エコポイントは家作りでも貯めることが出来ます。
住宅の新築や改築などで、古いエアコンから省エネタイプの
最新型エアコンに買い換える時にもエコポイントの対象となっており、
手続をすればポイントがつくことになっています。

家作りでは、施工主がエアコンを家電量販店から直接購入すると
いったことは少なく、大抵は住宅会社を経由して買うことになります。

そういった際、エコポイントの扱いはどうなるのかと不安になりますが、
ちゃんと家の所有者のポイントになるのであれば安心です。

エコポイントの期間中に家を新築する、増改築するという方は、
住宅会社に話を聞き、エコポイント対象のエアコンか確認しておくと良いでしょう。

さらに最近は高気密・高断熱性能の高い住宅が主流なので、
夏は冷気が逃げにくく、冬は保温性が高くなると、エアコンの機能が
発揮され、省エネ効率も一層高まるのではないでしょうか。

窓ガラスにも断熱性の高いペアガラスの使用が評判になっており、
外気の影響をシャットアウトできる工夫が凝らされていて、
室内の温度を一定に保ちやすくなる効果がありますので、
エアコンでの室内温度のコントロールが容易になる利点があります。

エコポイント対象のエアコンならば、増々効果的です。
CO2排出量削減ができ、家庭の光熱費も抑えられると、
環境と家計の両方にプラスに働きます。

夏は涼しく、冬暖かで快適な生活空間を作り出す意味でも、
エコポイント対象のエアコンを選ぶのはとてもお勧めの方法でしょう。
http://www.aiolir.com/
categories
search this site.

others
links
sponsored links